Use API

Web APIを使用する流れ

1. Web APIを使うアプリケーションをWeb APIサイトに登録する

2. APIキー、APIシークレットを取得して、アプリケーションに設定する

(APIキーはID、APIシークレットはパスワードのようなものです)

3. 実際に操作してみる

APIによって多少異なりますが、それぞれのAPIで利用登録し、APIキーを取得すると利用可能になります。

基本的には、Webサイトにログインしてパスワードを発行してもらうのと同様な手続きを踏みます。

サービスによっては、利用登録がいらないAPIもあります。また、多くのAPIは無料で利用できます(APIキーの取得も無料です)。

Web APIでは、各APIサービスにリクエスト(キーワードを絞り込むなど)を送ると、処理結果がXMLやJSON、RSS形式などで出力されて返ってきます。

Web APIの開発はトライ&エラーの繰り返しです。必要なAPIキーを取得したら、実際に自分で動かしてみるとその雰囲気が掴めます。

PythonでAPI検証する

import requests
result = requests.get(“http://sensor.db.uc4.net/getvalue?tag=Moisture-ac216a”)
data = result.json()
data