Category Archives: TinyWebDB API

Setup TinyWebDB API

WordPressは人気のCMSであり、サーバセキュリティ、パフォーマンスチューニング、スケールアップ、クラウド対応など沢山ノウハウが蓄積された。WordPressに API機能を追加して、クライドとして利用する方法を試み。

WordPressとApp Inventorの連携

App InventorはAndroidのApp作りに簡単な環境である。そのTinyWebDBコンポーネントは、TinyDBのWeb版といったものです。タグをつけてメッセージをサーバーに保存したり、サーバーにタグ名を送信してその値を受け取ったりすることができます。あらかじめTinyWebDBにあわせてサーバー側にプログラムを用意し、そこにアクセスする形で処理を用意しなければいけません。

WordPressは人気のCMSであり、サーバセキュリティ、パフォーマンスチューニング、スケールアップ、クラウド対応など沢山ノウハウが蓄積された。WordPressをWebコンテンツを作るに最適な環境。WordPressサイトは、App InventorのTinyWebDBサービスとして利用できるか?

答えはYes.

WordPress に TinyWebDB API

WordPressに API機能を追加して、クライドとして利用する方法を試み。

WP-TinyWebDB-APIは、両者の長所を連携し、WordPressをAppInventorのTinyWebDBサービスとして利用するためのAPIを、WordPressのプラグインとして提供したもの。

本章は、WP-TinyWebDB-APIのインストール、Postman を使ってAPIの動作確認, そして第9章のWebデータベースに応用する検証を行う。

WP-TinyWebDB-APIのインストール

公式サイトを利用する

  1. FTPツールでtinywebdb-api ディレクトリー全体を WordPress の pluginsフォルダーにコピーして下さい(/wp-content/plugins/).

  2. FTP the entire tinywebdb-api directory to your WordPress blog’s plugins folder (/wp-content/plugins/).

  3. 管理パネルの「Plugins」タブ上のpluginを有効化してください。

  4. Activate the plugin on the “Plugins” tab of the administration panel.

Postman を使ってAPIの動作確認

サイトをブラウザーで開くと、普通のWordPressのサイトに見える

http://tinywebdb.ai2.work/

追加したAPI機能をみる。(これをTinyWebDBのServiceURLにセットする)

http://tinywebdb.ai2.work/api

http://tinywebdb.ai2.work/api/getvalue/?tag=questionsChenLab

image

ブラウザから取得したデータは、少々見にくい。PostmanというChrome の拡張を使うと、便利。認証、パラメタ引き渡しもできる。

image

データの送信

http://tinywebdb.ai2.work/api/storeavalue/

Webデータベースのアプリで検証

第9章のアプリから、上記のAPIへアクセスして見た。

問題なく、問題が保存できる。

image

ブラウザーからも、保存したデータの確認できる。

image

 

TinyWebDB API 0.2.2 Release

TinyWebDB API 0.2.2 Released.

Release Note

Re-write code with oo-calss style. and change from full get_post object to post_content only.

WordPress Plugin

AppInventor TinyWebDB Demo App

Change Log

0.1.0

Start TinyWebDB API plugin.

0.1.3

First alpha release which implemented Get Value Action.

0.2.0

Release which implemented Get Value Action with API Key. Add test URL on admin menu.

0.2.2

Re-write code with oo-calss style.

TinyWebDB for App Inventor Sample Project

App Inventor Sample Project

New Project

Start a new project from Project menu.

Put TinyWebDB component on screen and set ServiceURL to your WordPress Server with TinyWebDB API available.

Behavior Design

Put TinyWebDB component on screen and set ServiceURL to http://tinywebdb.ml/api

(or your WordPress Server with TinyWebDB API available)

スクリーンショット 2016-11-02 15.19.36

  • GetValue : get TinyWebDB value from WordPress server and set to TextBox.
  • StoreValue : Store TextBox  value to WordPress Server TinyWebDB plugin.

 

Programming

  • GetValue : get TinyWebDB value from WordPress server and set to TextBox.
  • StoreValue : Store TextBox  value to WordPress Server TinyWebDB plugin.

スクリーンショット 2016-11-02 15.19.11

Download

Download TinyWebDB Demo Code available on github.

下記のDownloadから、App Inventorで作ったAndroid test app サンプル を参考に、 ご自分のappを作る.

https://github.com/edu2web/TinyWebDB_Tester

tinywebdbdemo.aia is a minimal App Inventor project for WordPress TinyWebDB API Test.

注意点として、APIのURLは、最後の”/” を削除しでください。

Refer to Plugin URI to get sample Android test app which make by App Inventor, to create your own app.

Be sure to remove “/” on the tail of URL.

You need a WordPress Server with TinyWebDB API available, you can use my test server http://tinywebdb.ml/api , or install and setup your server follow steps on https://api.edu2web.com/tinywebdb-api/ .

Related links