Category Archives: Python tutorial

Basic Operators

Published by:

基本オペレータ


この節ではPythonで基本的な演算子を使う方法を説明します。

算術演算子

他のプログラミング言語と同じように、加算、減算、乗算、除算の演算子を数値と共に使用できます。

number = 1 + 2 * 3 / 4.0
print(number)

答えがどうなるかを予測してみてください。Pythonは操作の順番に従いますか?

利用可能な別の演算子は、除算の整数剰余を返すモジュロ(%)演算子です。配当率%divisor =剰余。

remainder = 11 % 3
print(remainder)

2つの乗算記号を使用すると、べき乗の関係になります。

squared = 7 ** 2
cubed = 2 ** 3
print(squared)
print(cubed)

文字列で演算子を使用する

Pythonは、加算演算子を使った文字列の連結をサポートしています。

helloworld = “hello” + ” ” + “world”
print(helloworld)

Pythonは、文字列を繰り返して連続する文字列を形成することもサポートしています。

lotsofhellos = “hello” * 10
print(lotsofhellos)

リストでの演算子の使用

リストは加算演算子で結合することができます。

even_numbers = [2,4,6,8]
odd_numbers = [1,3,5,7]
all_numbers = odd_numbers + even_numbers
print(all_numbers)

文字列の場合と同様に、Pythonは乗算演算子を使用して繰り返しシーケンスで新しいリストを作成することをサポートします。

print([1,2,3] * 3)

演習課題

この課題の目標は、x_listand という2つのリストを作成することです。y_listこれらのリストには、それぞれ変数xandの10個のインスタンスが含まれていますy。あなたはとも呼ばれるリストを作成するために必要とされているbig_list変数が含まれ、xそしてyあなたが作成した二つのリストを連結して、10回ずつ。

x = object()
y = object()

# TODO: change this code
x_list = [x]
y_list = [y]
big_list = []

print("x_list contains %d objects" % len(x_list))
print("y_list contains %d objects" % len(y_list))
print("big_list contains %d objects" % len(big_list))

# testing code
if x_list.count(x) == 10 and y_list.count(y) == 10:
    print("Almost there...")
if big_list.count(x) == 10 and big_list.count(y) == 10:
    print("Great!")

 

Lists

Published by:

リスト


リストは配列と非常によく似ています。それらは任意のタイプの変数を含むことができ、それらはあなたが望むだけ多くの変数を含むことができます。リストは非常に簡単な方法で反復することもできます。これはリストを作成する方法の例です。

mylist = []
mylist.append(1)
mylist.append(2)
mylist.append(3)
print(mylist[0]) # prints 1
print(mylist[1]) # prints 2
print(mylist[2]) # prints 3

# prints out 1,2,3
for x in mylist:
    print(x)

 

存在しないインデックスにアクセスすると、例外(エラー)が発生します。

mylist = [1,2,3]
print(mylist[10])

 

課題

この課題では、 “append”リストメソッドを使って正しいリストに数字と文字列を追加する必要があります。「数」リストに数字1、2、および3を追加し、文字列変数に単語「hello」と「world」を追加する必要があります。

角かっこ演算子を使用して、変数second_nameに名前リストの2番目の名前を入力する必要もあります[]。インデックスは0から始まるので、リストの2番目の項目にアクセスする場合、そのインデックスは1になります。

参考

https://www.learnpython.org/en/Lists

Variables and Types

Published by:

変数と型


Pythonは完全にオブジェクト指向であり、「静的に型付け」されていません。使用する前に変数を宣言したり、型を宣言する必要はありません。Pythonのすべての変数はオブジェクトです。

このチュートリアルでは、いくつかの基本的な種類の変数について説明します。

数値

Pythonは2種類の数をサポートします – 整数と浮動小数点数。(これは複素数もサポートします。このチュートリアルでは説明しません)。

整数を定義するには、次の構文を使用します。

myint = 7
print(myint)

 

浮動小数点数を定義するには、次の表記法のいずれかを使用します。

myfloat = 7.0
print(myfloat)
myfloat = float(7)
print(myfloat)

 

文字列

文字列は、一重引用符または二重引用符で定義されます。

mystring = 'hello'
print(mystring)
mystring = "hello"
print(mystring)

 

この2つの違いは、二重引用符を使用するとアポストロフィを簡単に含めることができるという点です(これに対して、一重引用符を使用すると文字列が終了します)。

mystring = "Don't worry about apostrophes"
print(mystring)

 

代入は、このように同じ行にある「同時に」複数の変数に対して行うことができます。

a, b = 3, 4
print(a,b)

 

課題

この課題の目標は、文字列、整数、および浮動小数点数を作成することです。文字列には名前を付けmystring、 “hello”という単語を含める必要があります。浮動小数点数には名前を付けてmyfloat10.0の数を入れ、整数には名前を付けてmyint20の数を入れなければなりません。

参考

https://www.learnpython.org/en/Variables_and_Types

Python Hello, World!

Published by:

VS Code install

  1. ウェブページを開く
    https://code.visualstudio.com/ 
  2. Visual Studio Code」の「 ダウンロード」をクリック.※ Linux 版, Mac 版が欲しいときは「さらに詳しく」をクリック
  3. ダウンロードした .exeファイルを実行する.

Pythonスクリプトを書いてみる

  1. Documentsの下にPythonというフォルダを作る。
  2. VS Codeのメニューから「フォルダを開く」を選択し、1で作成したフォルダを指定する。
  3. 同じくメニューから「新規ファイル」を選択し、hello.pyなどのファイル名を付ける。拡張子から自動的にpythonスクリプトと認識される。
  4. VS Codeから、勧めExtensionsが表示され、好みでインストールする。
  5. 何か適当なコードを書く。
hello.py
if True:
    print('Hello world')
  1. VS Codeのターミナル(開いてなければメニューから「新規ターミナル」を開き)で実行する。
ターミナル
/Users/chen/Documents/C >  python hello.py
Hello world

これで最低限、pythonを快適に編集できるようになった。