PHP(3) Store file

処理内容

受け取ったデータは、2種類のファイルに保存する。

  1. tag-valueペアをファイルに保存する。
  2. ログファイル

accept form date and store to file.

  1. Store a tag-value pair in the file
  2. Append log on logfile

tag-valueペアをファイルに保存する

受信したtag-valueペアをファイルに保存する。ファイル名はtagNameそのまま、拡張子はtxtになる。

[tagName].txt

ソースコード

$fh = fopen($tagName . “.txt”, “w”) or die(“check file write permission.”);
fwrite($fh, $tagValue);
fclose($fh);

ログを保存する

error_log関数を利用して、ログファイルを生成する。

$file_name = ‘tinywebdb_’ . date(‘Y-m-d’) . ‘.log’;
error_log($log_message, 3, $file_name);

処理をまとめる

一連の処理を StoreAValueAction,php と保存してください。

<?php
            // JSON_API , Post Parameters : tag,value
            $tagName     = $_POST['tag'];
            $tagValue    = $_POST['value'];
            $apiKey      = '';	// $_POST['apikey'];
            $log_message = sprintf("%s:%s\n", date('Y-m-d H:i:s'), "storeavalue: ($apiKey) $tagName -- $tagValue");
            echo $log_message;
            $fh = fopen($tagName . ".txt", "w") or die("check file write permission.");
            fwrite($fh, $tagValue);
            fclose($fh);

            $file_name = 'tinywebdb_' . date('Y-m-d') . '.log';
            error_log($log_message, 3, $file_name);
?>

受け取ったデータは表示、そしてファイルに保存されるはず。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *